前へ
次へ

本買取り店の値付け基準を紹介します

本買取り店の中には、新古書店というのがあり、本を買い取る際に「綺麗さ」を重視して査定します。
つまり、綺麗な本であればあるほど高価買取りが期待できるということ。
もちろん、人気で仕入れればすぐに売れるものは、他の本よりプラス査定になりますよ。
新古書店一応の基準はありますが、本のコンディション評価をするのは人間なので、査定員によっては値付け額が変化することはあります。
また、前日買取り不可だったけど、翌日には買取りOKということもあるそうです。
旧来型の古書店というのもあります。
このタイプの本買取り店は、「希少性」を重視して本の評価を行うのが特徴です。
希少であれば入手しにくいから価値があり、だから高値で買い取ろうという考え。
しかし、希少かどうかの判断は容易でありません。
旧来型の古書店によって査定額は結構異なってくるのが現状です。
そのため、珍しい本を売る場合には、複数の旧来型の古書店で査定してから売却先を決めた方がいいでしょう。

Page Top